大学案内

発達障害リハビリテーション障害のある幼児・児童等への支援に関する知識、技能を学ぶプログラムです。

発達障害リハビリテーションの重要性

現代の教育を取り巻く現状の中で、児童数や学校数は年々減少傾向である一方、発達障害などの特別な教育支援を必要とする児童の人数は年々増加傾向にあります。さらに、発達障害に対する正しい知識と個々の障害に応じて支援できるような教育ができる教員等が不足しており、それらを指導・助言できる専門家の存在が必要であると文部科学省も提言しています。このように障害のある児童が、その能力や可能性を最大限に伸ばし、自立して社会に参加することができるように、障害のある児童への教育の充実を図ることのできる人材が必要となっています。そのため近年では、未就学児を対象とした児童発達支援事業所や、小学校から高校生までを対象とした放課後等デイサービスの需要が増加しています。
本学では、こうした子供たちが将来自立して社会に参加できる力を取得できるように、学校教育への運営や内容の知識を兼ね備え、身体・精神機能面を適切に評価・分析、指導できる理学療法士・作業療法士の養成を目指しています。

発達障害の主な種類

※4種の発達障害は、それぞれ身体的な特徴が重複しており、多くの類似した症状を示します。

理学療法士が支援できること
  • 運動機能の発達に遅れのある児童に対し、姿勢や歩行などの運動指導
  • 身体のぎこちなさ等に関する問題分析
  • 児童発達支援事業所や放課後等デイサービス等の職員への専門的な助言、指導
作業療法士が支援できること
  • 身体や指先の使い方に不自由している児童に対し、日常生活動作などの動作指導
  • 児童の性格や特性を知り、適切な心理面でのサポート
  • 児童発達支援事業所や放課後等デイサービス等の職員への専門的な助言、指導

段階的に発達障害支援をマスターできる

  • 01

    早期体験:支援を体験

    早期に発達障害支援の体験することができます。具体的には、発達障害支援が行われる施設へ行き、見学、ボランティアなどの立場で参加します。

  • 02

    講義:発達障害の理解

    大学の講義により定型的な子供の発達について学んでいただきます。その上で、発達障害の原因や病理から障害の特徴について詳しく学ぶことができます。

  • 03

    学内実習:支援技術の実習

    発達障害は非常に個別性が高い障害です。支援の前提として、どのようにして個々の障害をとらえるか、さらにどのように支援プログラムを進めるか、豊富な学内実習により学ぶことができます。

  • 04

    臨床実習:実践による技術の確認

    特別支援学校や療育支援センターなどと連携して、実習指導者の下で子供に対する支援を行っていただきます。有資格者となる前の最終段階となります。