リハビリテーション学部作業療法学科

昼間
4年制
定員
40名
Occupational Therapy作業療法士とは

こころとからだへの支援を通して
人生を豊かにする

ケガや病気、生まれながら障害のある方や日常生活に支援が必要な方に対して、基本的な動作能力から社会に適応する能力までを維持、改善するよう働きかけます。
作業療法士は、その人らしい生活や人生を送れるように、こころとからだの機能の改善、生活に必要な作業活動の獲得から社会とのつながりを目指します。

作業療法学科の特徴

  • 01

    グループ学習で
    メンバーを支え合い、
    リーダー性とマネジメント能力を
    身につける

  • 02

    小児の多様な施設、
    児童発達支援事業所、
    療育支援センター、特別支援学校との
    連携で臨床的に学ぶ

  • 03

    地域在住高齢者への
    介護予防を通して、
    高齢者の望む暮らしを支援する
    方法を学ぶ

PICK UP授業

  • 身体障害作業治療学

    身体機能に関する治療概論の基礎や援助の方法、作業を用いた介入について学ぶ。

  • 高次脳機能障害作業療法治療学

    機能が病気や事故などによって障害が起きたとき、認知機能にどのような変化が起こり、それを作業療法の視点から捉えることができる。

  • 発達障害作業治療学

    発達領域の障害を有する方への基本的な知識と考え方の作業療法や、発達領域作業療法で用いる基礎的な知識・理論・手法を学ぶ。

  • 財務会計論

    将来事業のマネジメントに関わることを想定して、複式簿記の基礎から、貸借対照表と損益計算書の作成をできるようにする。

本学で学べる作業療法士の仕事

一般的なリハビリ系大学、専門学校で学べること
  • 応用動作能力の改善
  • 社会適応能力の回復
  • 作業活動
アール医療専門職大学だから学べること
  • アール医療専門職大学だから学べること
  • 発達期における教育、生活支援や教員などへ助言をする。
  • すべての年代にこころのサポートをする。
  • 専門職として地域コミュニティネットワークを構築する。
  • ヘルスマネジメント活動

    対象者の生活を分析し、病気・認知症の予防や健康増進に向けたプログラムを開発し、健康管理に向けたマネジメントをしていきます。

  • 教育・生活サポート

    発達期では、障害のある幼児・児童へ十分な学習ができるよう教育サポートをします。高齢期では、住み慣れたところで、社会生活を送れるサポートをします。

  • 地域コミュニティネットワークのマネジメント

    障害のある者に対し、作業療法を提供することで社会活動や就労ができるように支援します。また、その人が社会と様々な場面で接点が作れるようにマネジメントをしていきます。

作業療法士が活躍する分野

医療 病院/クリニック
福祉 児童発達支援センター/就労移行支援事業所
介護 介護老人保健施設/デイケア
労働 ハローワーク/就業・生活支援センター
保健 保健所/地域包括支援センター
教育 特別支援学校/教育委員会
司法 刑務所/保護観察所

4年間の学びのイメージ

基礎科目
作業療法士として、社会で自立して多様な人々と接していくための一般教養を学びます。
職業専門科目
医学的に必要な知識から作業療法士としての高い専門性を学び、さらにその知識を実習を通して理解を深めていきます。
展開科目
高齢者および障害のある幼児への日常動作や心身・認知機能に応じた支援、さらに事業をマネジメントする能力を身に付けます。
総合科目
これまで習得した知識および技能を総合し、専門性が求められる職業を担うための実践的かつ応用的な能力を向上させます。

学科長メッセージ

多様な社会で実践できる作業療法士を養成します

作業療法の対象は年齢も疾患や状況も様々です。たとえ障害を持った人生になっても、新たな新しい生が生まれます。対象者とその人生を見つけること、作業療法はその人らしさの探求とも言えます。将来的に作業療法士は医療場面だけでは無く、様々な場面で実践されることを期待して専門職大学として開学しました。作業療法士としてベースになるキャリアを積み重ねる必要はありますが、その後作業療法の知識を生かし、社会のリーダーとして様々な場面で活躍することを願っています。
特に在学中からマネジメント能力の教育を重視、また経営の知識に至るまで、専門職大学でしか学べない展開科目を通して、地域社会に貢献できる作業療法士を養成します。

リハビリテーション学部
作業療法学科
学科長 中村 茂美