先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ在学生がアール医療専門職大学に決めた理由など掲載しています。

  • リハビリテーション学部
    理学療法学科

    川崎 翔葵さんKawasaki Toa

    茨城県私立常総学院高等学校 出身

    高齢者や子供との触れ合いの時間が多い

    アール医療専門職大学の魅力は、高齢者や子供との触れ合いの時間が多いことだと思います。実習の場で幅広い年齢層の方とコミュニケーションをとりながら、知識と技術を身につけていきたいです。将来はリハビリテーションを必要としている方々に寄り添える理学療法士になれるよう、これから4年間しっかり学び、充実した日々にしていきます。

  • リハビリテーション学部
    理学療法学科

    関口 沙羅さんSekiguchi Sara

    茨城県私立鹿島学園高等学校 出身

    専門職大学ならではの学びが楽しみ

    高校時代ソフトボール部の主将を務めていた時に、部員が怪我をすることもあり、身体について専門的な知識を学びたいと考え、アール医療専門職大学に進学を決めました。
    これから新しい友達と一緒に勉強できるのが楽しみです。リハビリテーションを通して、多くの患者様を笑顔にすることのできる理学療法士になりたいです。

  • リハビリテーション学部
    作業療法学科

    戸塚 倫太朗さんTotsuka Rintaro

    茨城県立土浦第三高等学校 出身

    専門学校と大学の特色を併せ持つ、専門職大学に期待

    小さい頃から母が介護士として働く姿を見て、自分も人を助ける仕事に就きたいと、作業療法士を目指すようになりました。アールは、専門職大学という専門学校と大学の両方の特色を併せ持つ学校で、ここなら専門的スキルが習得できると思い進学を決めました。身体を動かすことが好きな私にとって、「スポーツ理論・実技」を学ぶことが楽しみです。

  • リハビリテーション学部
    作業療法学科

    我妻 未涼さんAzuma Misuzu

    茨城県立牛久高等学校 出身

    授業の1/3以上が実習・実技!即戦力を身につけたい

    アール専門職大学は他の学校よりも実践的な授業が多くあります。私は特に地域ボランティア活動に参加して経験を積みたいと考えています。学生時代に即戦力となる知識やスキルを身につけたいです。将来は訪問リハビリテーション施設で働き、患者様とご家族の負担や不安を軽減できる作業療法士を目指しています。

  • リハビリテーション学部
    理学療法学科

    西田 美帆さんNishida Miho

    茨城県立水海道第一高等学校 出身

    少人数制授業だから安心して学べる

    専門職大学という新しい学校に魅力を感じました。少人数制授業で先生と学生の距離が近いので安心して学べます。
    実習や実技が多くあり、特に「高齢者予防リハビリテーション」に興味があります。高齢化社会に伴う介護分野での人手不足に対して、理学療法士として高齢者が自立した生活ができるサポートをしたいと考えています。

  • リハビリテーション学部
    理学療法学科

    鈴木 勝太郎さんSuzuki Shotaro

    茨城県立牛久高等学校 出身

    独自の実践プログラムにしっかり取り組みたい

    理学療法士の基盤となる「理学療法概論」を重点的に学びたいです。入院経験があり、その時に受けたリハビリテーションを自分で行う側となるのを楽しみにしています。また、大学独自の実践プログラム「高齢者予防リハビリテーション」や「発達障害リハビリテーション」にもしっかり取り組みたいと思います。将来は幅広い年齢層の方に手を差し伸べられる理学療法士を目指します。

  • リハビリテーション学部
    作業療法学科

    長谷川 芽優さんHasegawa Meyu

    茨城県立土浦湖北高等学校 出身

    将来の現場につながる実践力が身につく学校

    祖父が入院した際に歩行が難しくなり、不安を抱えていたことがありました。そうした経験から、作業療法士になり身体だけでなく精神面でもサポートしたいと考えています。
    アール医療専門職大学は多くの実習や実技の授業があり、コミュニケーション能力も身につけられるので、将来の現場につながる学びができるところが特色だと思います。

  • リハビリテーション学部
    作業療法学科

    太田 鈴乃さんOta Rino

    茨城県立石岡第一高等学校 出身

    プラスαの学びを強みにしていきたい

    アールは前身の専門学校から専門職大学になり、専門的な知識プラスαを学ぶことができると知り、入学を決めました。
    実習中心の授業で技術もしっかり身につけたいです。学外のボランティア活動にも積極的に参加して、社会に貢献できるようにと考えています。将来は患者様を尊重し、そのためにどうすればよいかを考え行動できる作業療法士になりたいです。