理学療法学科

  1. HOME > 
  2. 学科紹介 > 
  3. 理学療法学科 > 
  4. メッセージ

在校生メッセージ

理学療法士を目指しクラスの仲間たちと
日々技術や知識を磨いています。

理学療法学科
関 優太
私立水戸葵陵高等学校出身

小さい頃から野球をしていてケガをすることも多く、その度に理学療法士の方にリハビリなどでお世話になっていました。看護師であった母の影響もあり、理学療法士を目指そうと思いました。アールは医療器具や設備が充実していて、実習期間も長く、4年制でしっかり学べる部分に魅力を感じました。クラスの仲がとても良いので、得意・苦手科目を教え合い、クラス一丸となって頑張っています。実際に臨床に出て困らないように技術を磨き、知識を増やしていくため、日々授業外などでも自主的に学ぶようにしています。将来は高齢の方達など幅広い年代の方を支援して、患者様から信頼されるような理学療法士になりたいです。

友人や経験豊富な先生方に支えられる
贅沢な環境で日々学んでいます。

理学療法学科
渡引 杏菜
茨城県立石岡第一高等学校出身

スポーツに関わる医療系の仕事に興味がありましたが、祖父が病気になった時に理学療法士の方に大変お世話になり、リハビリなどの様子を間近で見てさらに興味をもちました。かなり進路選択に悩んでいましたが、アールのことをいとこから勧められ、オープンキャンパスでの雰囲気が気に入り入学を決意。友人にも恵まれ、先生方のサポートに支えられ、すごく贅沢な環境にいると実感しています。現場での経験が豊富な先生方ばかりなので、実際に先生が経験したリアルな現場の話を聞くことができるのもアールの魅力。アールの先生のように人と人との関わりを大切にできる理学療法士になりたいです。

先生からのメッセージ

患者様のより良い生活の実現を目指す
医療人を育成します。

理学療法学科
関口 春美 先生

理学療法士は、障がいのある方のより良い人生・生活の実現を目指す、リハビリテーションスタッフの一員として位置付けられ、医療専門職として医師や看護師、その他の医療技術者と連携してチーム医療を担います。その理学療法を行うには、医学的知識はもちろんのこと、「立つ」「歩く」「曲げる」などの基本動作や運動機能など、「生活」全体を見ることが必要です。当校では、講義のみならず、実技・実習を重視し、その中で医療人としての基本的態度を習得するカリキュラムを用意しています。私たちといっしょに、より良いリハビリテーションの実現を目指しましょう。

業界の方からのメッセージ

質の高い理学療法の知識と技術、
そして人間性を磨いてほしい。

茨城県理学療法士連盟 会長
茨城県リハビリテーション専門職協会 会長
株式会社日立製作所 日立総合病院
リハビリテーション科

佐藤 弘行

医療専門職を目指すには、まず人間が好きで、弱者の気持ちがわかり、さらには専門職としての探究心・向上心が必要です。学校では、講義や実習を通じ、理学療法士としての知識・技術を向上させ、弱者の心理を理解する能力の習得も図るとともに、保健・福祉等の幅広い知識を養い、患者様との信頼関係を築くためのコミュニケーション能力もぜひ身に付けてください。

現場では、患者様の変化に気づく力が必要です。

公益社団法人日本理学療法士協会 副会長
公益社団法人茨城県理学療法士会 前会長

斉藤 秀之

理学療法士は、人間の基本的な動作の回復・維持を支援する医療専門職。もちろん現場では、患者様のちょっとした変化に気づく力が必要です。この仕事は資格を取ってからがスタートですが、実習では、その「気づき」から現場で必要なことを知り、仕事のやりがいを実感してもらえればと思います。ぜひ学生のうちは様々な体験をし、人を思いやる気持ちや倫理観も養ってほしいですね。

スマホ向け表示