作業療法学科

  1. HOME > 
  2. 学科紹介 > 
  3. 作業療法学科 > 
  4. メッセージ

在校生メッセージ

学年の壁を感じないアットホームな雰囲気が魅力です。

作業療法学科
五津 秀紀
茨城県立岩井高等学校出身

ケガをした祖父のリハビリに付き添ったことがきっかけで、作業療法士の仕事を知り、興味をもちました。オープンキャンパスで先輩や先生が親身になって教えてくれて、ここで学びたいと思いました。学年の壁を感じないのもアールの魅力です。先輩が患者役をやってくれて、テスト対策をしてくれることもあります。実習で経験をつんでいる先輩から教えてもらうので、テスト対策としてだけではなくコミュニケーションなどの面で学ぶことも多いです。先生方との距離も近く、授業外によく質問にいき、相談できる大先輩だと思っています。まだ学んでいない分野をしっかり学び、じっくりと将来の道を見極めていきたいです。

臨機応変に対応できる作業療法士を目指します。

作業療法学科
瀧田 唯
茨城県立石岡第一高等学校出身

高校の部活動中のケガで受けたリハビリがきっかけで、作業療法士という仕事を知りました。アールのオープンキャンパスでは、先生や在校生スタッフが自分に合っていると感じたことと、実習が多く実践的な授業が多いので入学を決めました。勉強は大変ですが、学年を越えた授業で知り合った先輩のテスト対策や実習のポイントなどが、学生目線の情報なのでとても役立っています。先生方も熱心な方が多く、積極的に質問に行くとしっかり答えてくれる方ばかりです。リハビリスタッフは、観察力や人間力が必要なので多くの現場を経験して順応できる作業療法士が目標です。

先生からのメッセージ

対象者の生活を考え、幅広く活躍できる、
作業療法士を目指します。

作業療法学科
中村 茂美 先生

作業療法は、何らかの障がいから日常生活に不自由を生じた方を対象にしています。そのため、基礎医学の知識を土台に、特に生活を考える視点をより専門的に習得する必要があります。指導にあたっては、対象者の方にどう接するかなど、医療人としての態度を身につけられるよう、社会人基礎力を重視した実践的な授業を行っています。また、卒業後を意識して地域リハビリテーションに重点を置いています。病院にとどまらず、老人保健施設や訪問リハビリテーションなど、幅広い分野で活躍してくれることを望んでいます。

業界の方からのメッセージ

「バリアアリー」な環境が
生きるエネルギーを再生産します。

特定非営利活動法人 夢の湖舎 夢のみずうみ村 デイサービス
代表
藤原 茂

当施設では、日常生活同様の動作や娯楽を活かした、楽しみながら行うリハビリを実践しています。「心が動けば、体は動く」の信念のもと、利用者様の強い意思を引き出し、単に心身機能の回復のみならず、人生を輝いたものにする作業療法を行っています。実習で来る学生たちには、ぜひ作業療法の実践だけでなく、自分の人生についても多くを学んでもらいたいですね。

スマホ向け表示