キャンパスライフ

  1. HOME > 
  2. キャンパスライフ > 
  3. アール生の1日 > 
  4. 介護福祉学科 石井 未来

介護福祉学科 石井 未来(茨城県立土浦第三高等学校 出身)

愛情と熱意ある先生方の教えはとても心強いです。

介護福祉士を目指そうと思ったのは、大好きだった祖父が利用していたデイサービスから帰ってきて「楽しかった」と話している笑顔を見て、その職業に興味を持ったからです。

私自身も自宅で歩行の介助や、オムツ交換などを手伝っていましたが、うまく対応できないこともあり、次第に「もっと上手にやるためには基礎から学ばなければ!」と思い介護の道に進むことを決めました。

しつけに厳しい家庭に育った私にとって、アールは勉強だけでなく、あいさつやマナーにも力を入れていることも魅力で、進学先に選びました。入学してみるとクラスには親子ほど年齢の離れている人もいますが、みんな優しくて気さくに接してくれるので、良い刺激がもらえて毎日楽しいです。

高校までとは違い、専門分野の勉強は難しいですが、先生が教科書には載っていない実体験を交えて話してくれるので楽しく学べています。そんなアールの先生方は熱意に満ちあふれていて、私たちが現場に出てからも困らないように愛情を持って向き合ってくれるので本当に心強いです。

クラブ活動で行っているよさこいソーランは先輩方が丁寧に教えてくれています。施設での発表が待っているのでみんなで一所懸命練習する時間はとても楽しいです。

将来は技術面で信頼されるのはもちろんですが、利用者様が一体何を望んでいるのかを理解して、その想いに寄り添える介護福祉士を目指しています。

石井さんのある1日

朝早く登校しています。友達と音楽を聴いたり、予習をしたり、早い時間の学校も気持ちが良いです!

「よさこいソーラン」以外 にも「演劇部」に入っています。
アールはクラブ活動も活発です。

ビジネスマナー

実習先や就職活動で社会人の基本となる言葉遣いや礼儀作法を中心に学びます。

コミュニケーションの授業

施設に実習で訪問した際に 役立つ様々な技術を、全員で実践を通して体得していきます。

パソコン演習

基本的なパソコン操作能力と施設で必要とされるExcelやWordといった基本ソフトの扱い方を学習します。

クラブ活動

「よさこいソーラン」や「ハンドベル」など、施設を訪問しての発表を前に準備や練習にも熱が入ります。

スマホ向け表示