先輩からのメッセージ

  1. HOME > 
  2. 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

アールから巣立った卒業生たちは、学校で培った知識や技術、そして心を活かして、様々な分野で活躍中です。
日々頑張っている先輩からのメッセージをお届けします!

看護学科 卒業生からのメッセージ

些細な変化も見逃さずより対応力が高い看護師になりたい。

看護師
齋藤 正考
'15年3月 看護学科 卒業
筑波大学附属病院 勤務

以前家族が入院した時、家族の気持ちも察してくれた看護師さんとの出会いと、人の役に立つ医療系の職業への憧れがあり、看護師への道を選びました。アールは大学の附属学校ではないので実習病院の受け入れ先が多く、学生時代にいろいろな病院で経験を積めたことが良かったです。実習では5・6名のグループに先生が1名同行していただく体制で、すぐに先生に質問ができ不安なく取り組めました。入職後も不明点はすぐ先輩に判断を仰ぎ、急な対処もスムーズに解決しています。現在は重症患者様が多く対応力が必要な病棟なので、今も勉強の毎日ですが、日々スキルアップはできています。全員の協力で無事一日が終わった時は格段の充実感がありますね。将来は些細な違和感にも気を配れる、急性期急患に強い看護師が目標です。

患者様に合った接し方で思いやりのある看護師を目指します。

看護師
成沢 玲奈
'16年3月 看護学科 卒業
医療法人社団筑波記念会 筑波記念病院 勤務

私は幼い頃身体が弱く、通院していた時に看護師さんからやさしい気遣いを受けたことで看護師に憧れを抱きました。アールは実習時間が多く、実践的な看護を学べるところに魅力を感じて入学しました。現在は、外科系の病棟で急性期からターミナル期までの患者様を担当しています。看護は、医師や看護師、薬剤師など、様々な職種との連携が重要です。学生時代、小さなことでも密に情報交換し、患者様を看護することが回復の一助になると学んだことが今に生きていると思います。病棟にはいろいろな症状の患者様がいらっしゃるので、負担にならないような接し方を工夫しています。現在、職場にアールの同期が4人おり、忙しい時でも元気で明るく接するように励まし合っています。今後も患者様への思いやりを忘れずに、笑顔で接することができる看護師を目指して頑張ります。

理学療法学科 卒業生からのメッセージ

学生時代に教えてもらったコツが今でも役に立っています。

理学療法士
清水 茜
'12年3月 理学療法学科 卒業
茨城県厚生連 JAとりで
総合医療センターリハビリテーション部 勤務

幼少期に祖母が私の肩もみを喜んでくれるのが嬉しくて、人の役に立てる仕事をしたいと思っていました。中学生の時にTVで理学療法士の存在を知り、直感でこれだ!と思ったのが理学療法士を目指したきっかけです。学生時代に実習先の病院で、耳が遠い方に私の高い声が聞き取ってもらえず悩んだとき、アールの卒業生でもある担当指導者の先生が「低い声で接すると高齢者は聞き取れる」と発声練習までしてくださいました。このようにアールでは教科書に載っていないことも教えてもらい、今でも大変役立っています。現在は急性期の外科チームに属しています。痛みの強い手術翌日から、起きる、座るというリハビリが始まるので、早期の介入がより効果があることをきちんと説明して不安をなくすように心がけています。将来は人間性、技術面からも信頼される理学療法士になりたいですね。

退院される患者様からの感謝の言葉がやりがいに。

理学療法士
三上 翔太
'11年3月 理学療法学科 卒業
公益財団法人 筑波メディカルセンター病院
診療技術部リハビリテーション療法科 勤務

両親が医療系の仕事をしているため小さい頃から医療に興味があり、病院内で働ける理学療法士を目指そうと思いました。アールでは解剖学や運動生理学の授業が一番印象に残っていますね。最初は苦手な教科も先生方がわかりやすく教えてくださるので徐々に興味を持ち、自宅でも進んで勉強するほどになりました。現在の仕事は、緊急搬送される重症患者様や様々な疾患の患者様の社会復帰を目的としたリハビリテーションを提供しています。忙しく大変な仕事ですが、日常生活動作が向上して、担当する患者様からの感謝の言葉を聞くと、理学療法士としての手応えを感じます。今後は心臓リハビリテーションに携わり、社会のニーズに沿ったリハビリテーションを提供していきたいです。

作業療法学科 卒業生からのメッセージ

ひとりでも多くの人たちの社会復帰が願いです。

作業療法士/施設長
土居 江利
'09年3月 作業療法学科 卒業
株式会社Eight Knot
就労継続支援A型事業所 Hachinoji 勤務

小学校の時に祖母が交通事故にあい、病院でのリハビリで祖母の表情が徐々に明るくなったのを見て、自分も人の役に立ちたいと思うようになりました。アールに入ったきっかけは国家試験合格率の良さが魅力でした。学校では「気づくことの大切さ」を教えていただき、現在も利用者様の小さな変化にも察知できるように心がけています。また、挨拶や清掃を厳しく教わったことは今の仕事にも活かされています。現在は福祉事業所で利用者様の自立支援や社会復帰のために、デザイン制作と清掃業務に関する就業支援を行っています。今後は、作業療法士が早い段階から教育機関などに参加して、より多くの人たちが社会に出られるようにサポートする役割を担っていきたいと思っています。

利用者様が退院後も生き甲斐を持てるケアの提供に努めています。

作業療法士
宇都木 淳弘
'07年3月 作業療法学科 卒業
国家公務員共済組合連合会 水府病院 勤務

学生時代からやっていた野球をきっかけに人体構造などに興味を覚え、生涯続く仕事にも通じることから作業療法士を目指しました。アールの臨床実習では、物事の見方や考え方、人間性などが変化しました。患者様の人生を救おうとする指導者の生き様を学ぶことができたことは大きな財産です。また、当時から著名な先生に直接指導いただき、今でも相談に乗っていただくなど、アールの先生方は高名な方が多く、常に勉強させていただいています。現在、現場で利用者様と関わりながら他職種間・病棟間の会議で今後の方針、退院までの治療方法を決定する仕事をしています。やりがいは、医師が患者様の「命を救う」ことが使命なら、作業療法士は「人生を救う」ことが使命。それは、利用者様の退院後の自立支援や生き甲斐に関わることになるからです。

介護福祉学科 卒業生からのメッセージ

ご利用者様の達成感はもちろん、ご家族の負担軽減や職場環境の安定も大切にしたいです。

介護福祉士
大島 直美
'03年3月 介護福祉学科 卒業
医療法人 石岡脳神経外科病院
介護老人保健施設 サン・テレーズ 勤務

短大卒業後、一度は保険会社に事務職として就職しましたが、当時認知症の祖母を介護する母の姿を見て助けになりたいとの思いから介護福祉士を目指しました。社会人から学生に戻れたアールでの2年間は「楽しかった」印象につきます。明るくフランクな校風の中、特に先生と学生の距離が近く、クラスの中も社会人・新卒の学生の隔てなく仲が良かったです。卒業して16年経っても付き合いのある友人も結構いますね。現在はデイケア(通所リハビリ)でフロアマネージャーを担当していますが、今後もご利用者様との現場での関わりを大切にしつつ、ご家族の負担軽減や同じフロアで働く職員の職場環境の改善・安定を大切に介護に携わってまいります。

利用者様のその人らしさを考え、心のこもったケアができるよう、
今は勉強と努力の毎日です。

介護福祉士
大峰 悠平(左)・藤崎 拓也(右)
'15年3月 介護福祉学科 卒業
一般社団法人 石岡市医師会
介護老人保健施設 ゆうゆう 勤務

現在各フロアにてそれぞれ介護業務に携わっていますが、利用者様から具体的な言葉や表情で感謝の気持ちを伝えていただいた時は本当にうれしく思いますね。また、それぞれ性格や健康状態も異なるので、その人のことを思って日々悩んだり、考えてケアを行った結果、目に見えて状況が改善された時も非常に“やりがい”を感じる瞬間です。アールでの2年間では技術や環境整備、コミュニケーション、チーム力など他の学校より本当に多くを学びましたが、その時の基礎に日々助けられていると感じます。今後は、外部の研修等で更なる知識向上を目指すだけでなく、外に向けて介護職の良さも発信していきたいですね。

医療事務学科 卒業生からのメッセージ

自分からの積極的なコミュニケーションが利用者様との心のつながりを作ります。

介護事務
小沼 あゆみ
'08年3月 福祉医療学科 卒業
医療法人 真成会 通所リハビリテーションゆんたく 勤務

高校2年生の冬に怪我で病院へ通う中で、初めて医療事務の仕事を知りました。事務の仕事は、安定感もあるし、長く続けられるのが魅力。入学したアールでは、介護事務という職種の存在も知り、本格的に目指すようになりました。在学中の実習では、大きな病院よりも、利用者様と深い関わりが持てるアットホームな小規模施設に魅力を感じ、現職場に応募しました。卒業した今は、保険点数の計算といった事務仕事から、食事介助や血圧測定といったヘルパー業務まで、幅広い仕事を担当しています。これからも、多くの方と日々積極的に触れ合い、常に「ありがとう」の言葉をかけていただけるケアクラークを目指していきます。

患者様を癒す「笑顔や挨拶」を絶やさず常に安心していただける存在に。

医療事務
山崎 さゆり
'07年3月 福祉医療学科 卒業
医療法人 伸成会
友部整形外科医院 勤務

部活でよく怪我をして、病院に通うことが多かった高校時代。病院の受付にいる医療事務の方の笑顔にいつも癒され、「自分もこの場に立ちたい」と思ったのがきっかけでした。アールへは、オープンキャンパスに参加した際に、担当の先生方や先輩たちが非常に親切な方が多く、「学ぶならココだ!」と直感的に決めました。学校では、医療事務の知識はもちろんのこと、介護も併せて学べたので、ホームヘルパーの資格も同時に取得できました。また、介護の授業では、患者様と目を合わせることの大切さも学び、働く中でその重要さを実感しています。これからも更なる知識を身につけ、常に患者様に安心していただける様な存在を目指します。

ITビジネス学科 卒業生からのメッセージ

あきらめずに前に進むことで、自分に自信がつき、成長を実感します。

販売営業
関 智幸
'05年3月 総合ビジネス学科 卒業
リコージャパン(株) 茨城支社 勤務

アールでの授業は分かりやすいものが多く、たくさんの資格取得と共に、社会で必要なマナー等を学んだことが今の現場で活かせています。少人数制で先生との距離も近く、一人ひとりへの丁寧なフォローもうれしかったですね。

リアルな授業を通じた多くの資格取得で大学生に負けないアピール力を習得!

販売
飯嶋 千晴
'08年3月 総合ビジネス学科 卒業
イオンリテール(株) イオンレイクタウン店 勤務

在学中に取得した12個の資格が、現在販売計画や接客等を行う際に役立ってます。就職活動の際には、販売士の授業で行った競合店調査が役に立ちました。今後も物流の知識や接客に磨きをかけ、次のステップを目指します!

自分が本当にやりたいことを見つけ、努力を惜しまないことが大切です。

システム開発
佐藤 悠作
'05年3月 情報通信学科 卒業
(株)クリエイティブ・ソフト 勤務

ソフト開発への興味から現職を目指しました。アールは分かりやすい授業と優しい先生方が魅力的。今でも使っているC言語の授業は今だに印象深いです。今後も日々勉強して多くを吸収し、新たな学びを仕事に活かしたいです。

お客様からの感謝の言葉がやりがいとなり、自分を向上させてくれます。

販売
加納 光一
'08年3月 情報通信学科 卒業
(株)セキショウモバイル ソフトバンクイオン下妻店 勤務

人とのつながりを大切にする校風と社会人スキルが学べたことが印象的でした。資格取得に向け学んだことも、現在のマネジメント業務やデータ分析に役立ってます。今後も動向激しいこの業界で、常に最新情報を発信できるよう努力します。

  • オープンキャンパス
  • 学校見学
  • デジタルパンフレット
  • 先輩からのメッセージ
  • アールをもっと知りたい!受験生Q&A
  • 緊急連絡ページ
  • オリコの「学費サポートプラン」
  • 修学支援に係る確認申請書
スマホ向け表示