先輩からのメッセージ

  1. HOME > 
  2. 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

アールから巣立った卒業生たちは、学校で培った知識や技術、そして心を活かして、様々な分野で活躍中です。
日々頑張っている先輩からのメッセージをお届けします!

看護学科 卒業生からのメッセージ

日々勉強し、成長することができる看護師。すべては患者様の元気と笑顔のために…

看護師
坂口 豪紀
'12年3月 看護学科 卒業
医療法人社団 筑波記念会 筑波記念病院 看護部 勤務

医師や看護師を題材にしたTV番組を見て、自分もこんな風に人のためになれたらと思い、看護の道に進みました。アールへは、高校の先生の勧めもあり入学したのですが、非常に設備も充実していて、現場さながらの空気感の中で学べる環境はためになりました。もちろん個性的な仲間たちや、学科学年を越えて実施されるアール祭なども非常に楽しく印象的でした。働き始めて感じたことは、人の命に関わる仕事なので日々責任も感じますが、やはり患者様から「ありがとうね」の一言をいただいた時は、涙が出るほどうれしく感動するということ。これからも更なる成長のため勉強会等で知識・技術を重ね、立派な看護師を目指します。

チームから生まれる連帯感と患者様からの「ありがとう」の言葉が看護師の魅力です。

看護師
渡辺 弥来
'13年3月 看護学科 卒業
医療法人社団 常仁会 牛久愛和総合病院 看護部 勤務

祖父の入院がきっかけで、人の力になれる看護師を目指そうと思いました。アールへは、明るく楽しい校風に魅力を感じ入学したのですが、そうした雰囲気だけでなく、実際に現場で働く医師や看護師の先生の生の声が聞ける新鮮な授業が多く、非常に充実した環境で学べました。もちろん優しく元気な先生方や互いに意見を交換し合える仲間の存在も忘れられません。入職したての今は覚えることも非常に多いのですが、患者様からの「ありがとう」や「頑張って!」という優しい声や、多くの先輩方の手厚い指導に支えられながら頑張る日々が続いています。これからも、いち早くひとり立ちして多くの人の支えになっていけたらと思っています。

理学療法学科 卒業生からのメッセージ

疾患名ではなく、その人個人をしっかり見るリハビリで、ニーズを満たしていきたい。

理学療法士
竹内 靖揮
'05年3月 理学療法学科 卒業
医療法人 健佑会 いちはら病院 リハビリテーション部 勤務

体育の学校に進学し、教員を目指す中、バスケットボール部のコーチング等でコンディション作りを勉強する過程で、リハビリに興味を持ち始めました。アールでの授業は、初めは解剖学など難しい授業も多かったのですが、だからこそ興味が湧いたし、学ぶ価値も見い出せました。学生時代の実習では、普段出来ないことも経験でき、実習での臨床の場が自分を育ててくれたと言っても過言ではないと思うし、その中で患者様から「ありがとう」の言葉をいただいて、本当の意味でのやりがいや充実感を感じることが出来ました。アールは、学校にいる全ての人が、人間的な温かみを持っている校風が非常に印象的。今後はぜひ後輩のためにも、知の伝達を通じ、恩返ししていきたいです。

患者様に心から信頼され、より専門性の高い理学療法士を目指しています。

理学療法士
五十嵐 美里
'09年3月 理学療法学科 卒業
財団法人 筑波メディカルセンター 筑波メディカルセンター病院 リハビリテーション療法科 勤務

理学療法士は、中学の時に祖母が倒れた時からの夢でした。アールへの入学は、オープンキャンパスで、直接先輩達の声を聞き、直感的に決めました。入学してからは、1年次の基礎授業等で苦労しました。でも、クラスのみんなや担任の先生が、後ろでしっかり支えてくれたことが、今でも印象に残っています。実習も不安でしたが、最後には責任を持ってやることの充実感を覚えました。アールはやっぱり先生と学生の距離が近い所がいいですね。今は理学療法士として、患者様と向き合う日々ですが、しっかり患者様の状況を把握し、信頼してもらうことを大事にしたいです!今後は各疾患のリハビリ技術をもっと高め、自分の強みを持ち、さらなる自信につなげていきたいです。

作業療法学科 卒業生からのメッセージ

心の笑顔も大切に、患者様の生活や周辺環境に配慮したリハビリを提供していきたい。

作業療法士
寺門 真美
'08年3月 作業療法学科 卒業
社団法人 石岡市医師会 介護老人保健施設 ゆうゆう 勤務

中学生の頃から医療や介護分野に興味があったのですが、より個人に密着し、その人の内面まで見ていく部分に魅力を感じ、作業療法士への道を選びました。アールでの授業は、日頃臨床にも出ている先生から、実技中心に様々な実例を学べたのがプラスになりました。また実習では、周りの方から自分を客観的に判断してもらえ、人間としても成長できたのがうれしかったです。作業療法士の仕事は、その人の残存機能だけを見て、どこを回復すればいいと判断するだけでなく、自己の感受性を大切にしながら、自分なら何ができるかを考え、実践にうつすことが大事。これからも、日々気持ちを前向きに、目の前にいる患者様一人ひとりへのアプローチを大切にしていきたいです。

リハビリで回復した個々の動作が積み重なり患者様の生活や家族に結びつけられる魅力。

作業療法士
山口 卓巳
'05年3月 作業療法学科 卒業
社会福祉法人 恩賜財団 済生会 水戸済生会総合病院 リハビリテーション科 勤務

医療職に興味を持つ中、患者様が良くなる過程を見ていけるリハビリスタッフに魅力を感じ、この道に進みました。学生時代は、患者様の機能面だけでなく、その人の生活・周辺環境を見る大切さも学びました。アールは、どの学科の先生にもすぐに質問できるアットホームな雰囲気がいいですね。現在は院内の作業療法士をまとめる立場として、若いスタッフを育てつつ、自分も学習を続ける日々です。こちらでは、主に急性期のリハビリを行っているので、リスク管理を大切に、早めに治療に入ることで、ADL能力を引き出す努力をしています。今後も、他職種との情報交換を大切に、患者様をしっかり評価し、根拠あるゴール設定をたて、満足度の高いリハビリを目指していきます。

介護福祉学科 卒業生からのメッセージ

続けることで分かる介護福祉士の魅力。日々の喜びを胸に、次のステップを目指します。

介護福祉士
飯田 徹也
'04年3月 介護福祉学科 卒業
社会福祉法人 勘翁慈温会 特別養護老人ホーム つくばの杜 勤務

超高齢社会において、長く続けられる仕事ということと、「将来、自分の祖父母に恩返しがしたい」そんな気持ちで介護福祉士を目指しました。介護福祉士の仕事は、「普段あまり話さない方が、会話をしてくれた!」というように、ふとした日常の喜びに「やりがい」を感じます。さらには、長く続けることで、大きく自分が成長できる場が広がっているのも魅力です。卒業して12年目の今も、常に「お年寄りに喜んでもらいたい!」という初心の気持ちと、緊張感を持った中での高齢者の方との密なコミュニケーションを忘れずに、次のステップでもあるケアマネージャーを目指し、日々の介護にあたっていきたいです。

その人らしく過ごしてもらう、人間の尊厳を重視したケアを常に考えています。

介護福祉士
橋本 由香
'02年3月 介護福祉学科 卒業
社会福祉法人 泰仁会 特別養護老人ホーム 桜の郷 元気 勤務

「祖母への恩返し」これが介護福祉士を目指したきっかけでした。アールへの入学は、参加したオープンキャンパスが非常に良い雰囲気だったので選びましたが、実際も、自由な校風の中、一生付き合っていきたいと思う大切な先生と友人ができ、本当に心地良い2年間が過ごせました。卒業した今は、立ち上げから関わった現施設で働いていますが、ユニット型ということもあって、利用者さんと深く関われるのがいいですね。日々みなさんからの「ありがとう」という言葉や笑顔に喜びを感じ、充実した日々を送っています。これからも、日常生活を意識した介護をする中で、その人の気持ちや生き方をくみとったケアを心がけていきたいです。

医療福祉事務学科 卒業生からのメッセージ

自分からの積極的なコミュニケーションが利用者様との心のつながりを作ります。

介護事務
小沼 あゆみ
'08年3月 福祉医療学科 卒業
医療法人 真成会 通所リハビリテーションゆんたく 勤務

高校2年生の冬に怪我で病院へ通う中で、初めて医療事務の仕事を知りました。事務の仕事は、安定感もあるし、長く続けられるのが魅力。入学したアールでは、介護事務という職種の存在も知り、本格的に目指すようになりました。在学中の実習では、大きな病院よりも、利用者様と深い関わりが持てるアットホームな小規模施設に魅力を感じ、現職場に応募しました。卒業した今は、保険点数の計算といった事務仕事から、食事介助や血圧測定といったヘルパー業務まで、幅広い仕事を担当しています。これからも、多くの方と日々積極的に触れ合い、常に「ありがとう」の言葉をかけていただけるケアクラークを目指していきます。

患者様を癒す「笑顔や挨拶」を絶やさず、常に安心していただける存在に。

介護事務
山崎 さゆり
'07年3月 福祉医療学科 卒業
医療法人 伸成会 友部整形外科医院 勤務

部活でよく怪我をして、病院に通うことが多かった高校時代。病院の受付にいる医療事務の方の笑顔にいつも癒され、「自分もこの場に立ちたい」と思ったのがきっかけでした。アールへは、オープンキャンパスに参加した際に、担当の先生方や先輩たちが非常に親切な方が多く、「学ぶならココだ!」と直感的に決めました。学校では、医療事務の知識はもちろんのこと、介護も併せて学べたので、ホームヘルパーの資格も同時に取得できました。また、介護の授業では、患者様と目を合わせることの大切さも学び、働く中でその重要さを実感しています。これからも更なる知識を身につけ、常に患者様に安心していただける様な存在を目指します。

  • オープンキャンパス
  • 学校見学
  • デジタルパンフレット
  • 先輩からのメッセージ
  • アールをもっと知りたい!受験生Q&A
  • 緊急連絡ページ
スマホ向け表示