医療福祉事務学科

  1. HOME > 
  2. 学科紹介 > 
  3. 医療福祉事務学科 > 
  4. メッセージ

在校生メッセージ

多ジャンルに渡って、
資格取得できる環境が魅力です。

福祉医療学科
燒 成美
茨城県立麻生高等学校出身

アールは、先生方が学生一人ひとりに常に気を配ってくれて、授業中の質問などにも、分かりやすく丁寧に答えてくれるので、分からないまま進んでしまったり、ついていけなくなることがありません。常に納得して次のステップへ進めるので、日々の授業がとても充実しています。また、医療事務・ケアクラークや介護職員初任者研修のほか、秘書やパソコンなど、多ジャンルの資格を数多く取得できるので、卒業後に幅広い分野で活躍できる環境が整っています。

事務の知識にプラスして、
利用者の気持ちが理解できる授業もうれしい。

福祉医療学科
小田部 梨奈
茨城県立水戸南高等学校出身

元々医療や介護の分野に興味があったのですが、メディカルクラークやケアクラークといった、裏で人を支えていける仕事がしたいと思ったのがきっかけでした。アールの授業は、事務の仕事で役に立つものだけでなく、生活支援技術などの身体介助も行うので、利用者様の気持ちも理解できる環境があるのがいい。先生方や友人も、個性的で面白い人が多く、常に楽しい時間が過ごせています。これからも数多くの経験を積む中で、しっかり自分の夢をカタチにしていきます!

先生からのメッセージ

資格取得で 専門の知識・技術を習得しながら
人間的にも成長できる。

医療福祉事務学科
小平 美代子 先生

超高齢社会を迎え、福祉へのニーズの高まりとともに、医療・福祉の連携を支えるには、より多様な技術・知識が求められる時代になってきます。本学科では、在学中に医療事務(メディカルクラーク)をはじめケアクラーク、メディカルオペレータなど、さまざまな資格を取得できます。資格取得へのチャレンジは、より高い知識を身につけるきっかけになるはずです。そして、知識や技術とともに学んでほしいのが、やさしさや思いやりの心です。たくさんの友人、教員とともに、人間的に成長できる―それがアールの医療福祉事務学科の特長だと思います。

業界の方からのメッセージ

1つひとつの丁寧な応対が
患者様の安心につながります。

特定医療法人 つくばセントラル病院
医事課 主任代行
岡田 真季

医療事務に必要なのは、会計業務や窓口対応などの専門的知識・技術はもちろんのことですが、いざ現場に立ってみると、挨拶や患者様との対話、そして担当業務を確実に遂行することが大切になってきます。ぜひ実習では忙しい中でも、そうしたことに着目してほしいですね。また、色んな患者様がいらっしゃいますので、その人に合わせた瞬時の判断力も身につけ、様々な経験をする中で成長していってほしいです。

スマホ向け表示