理学療法学科

  1. HOME > 
  2. 学科紹介 > 
  3. 理学療法学科 > 
  4. メッセージ

在校生メッセージ

実習時間がたくさんあるアールでの学びは
毎日が充実しています。

理学療法学科
脇 千尋
茨城県立江戸崎総合高等学校出身

高校生のときにバスケットボール部でケガをしてお世話になった理学療法士の方を見て、私もこの仕事に就きたいと思いました。治療法だけでなくトレーニングのアドバイスをしてくれたり、気持ちの面でもサポートしてくれたことは今でも忘れられません。アールを選んだのは姉が姉妹校の医療秘書学科に通っていて私も同じ学校に行きたいと思ったからです。姉から聞いていた通り、先生方は本当に優しく、私たちの質問を倍にして返してくれるくらい熱心!また、アールは実習時間がとにかく多く、現場ならではの話が聞けるのでとても刺激になります。将来は患者様の身体も精神的にも助けられるような理学療法士になりたいです。

現役で活躍する先生の活きた教えが役立ちます。

理学療法学科
須藤 慎也
茨城県立水戸第三高等学校出身

小さい頃、祖父母の足腰が悪く、幼い自分には何もできないつらさがあり、理学療法士になって助けてあげたいと思い、この道を目指しました。多くの経験を積み1日でも早く活躍したいと考えていたので他校より実習時間が長いアールが魅力でした。授業はグループワークが多く、教え合える仲間や常に的確なアドバイスをくれる先生がいるので毎日が充実しています。また、先生は現役でも活躍している方なので現場のいろいろな話が聞くことができ、理解が深まります。理学療法士の夢を叶えるため努力を惜しまず頑張っていこうと思います。

先生からのメッセージ

患者様のより良い生活の実現を目指す
医療人を育成します。

理学療法学科
関口 春美 先生

理学療法士は、障がいのある方のより良い人生・生活の実現を目指す、リハビリテーションスタッフの一員として位置付けられ、医療専門職として医師や看護師、その他の医療技術者と連携してチーム医療を担います。その理学療法を行うには、医学的知識はもちろんのこと、「立つ」「歩く」「曲げる」などの基本動作や運動機能など、「生活」全体を見ることが必要です。当校では、講義のみならず、実技・実習を重視し、その中で医療人としての基本的態度を習得するカリキュラムを用意しています。私たちといっしょに、より良いリハビリテーションの実現を目指しましょう。

業界の方からのメッセージ

質の高い理学療法の知識と技術、
そして人間性を磨いてほしい。

茨城県理学療法士連盟 会長
公益社団法人茨城県理学療法士会 前会長
株式会社日立製作所 日立総合病院

リハビリテーション科
佐藤 弘行

医療専門職をめざすには、まず人間が好きで、弱者の気持ちがわかり、さらには専門職としての探究心・向上心が必要です。学校では、講義や実習を通じ、理学療法士としての知識・技術を向上させ、弱者の心理を理解する能力の習得も図るとともに、保健・福祉等の幅広い知識を養い、患者様との信頼関係を築くためのコミュニケーション能力もぜひ身に付けてください。

現場では、患者様の変化に気づく力が必要です。

公益社団法人日本理学療法士協会 副会長
公益社団法人茨城県理学療法士会 会長
医療法人社団筑波記念会

斉藤 秀之

理学療法士は、人間の基本的な動作の回復・維持を支援する医療専門職。もちろん現場では、患者様のちょっとした変化に気づく力が必要です。この仕事は資格を取ってからがスタートですが、実習では、その「気づき」から現場で必要なことを知り、仕事のやりがいを実感してもらえればと思います。ぜひ学生のうちは様々な体験をし、人を思いやる気持ちや倫理観も養ってほしいですね。

スマホ向け表示