理学療法学科

  1. HOME > 
  2. 学科紹介 > 
  3. 理学療法学科 > 
  4. 授業紹介

授業紹介

理学療法評価法 [関節可動域運動]

理学療法の対象となる障がいの範囲と性質および各障がいに対する評価法を学びます。関節可動域運動はリハビリテーションにおける中心的な治療手段です。

バイオデックス [筋機能評価装置]

人体を筋力・持久力・瞬発力等の機能面から評価測定し、関節運動で出力される筋力を数値として示すことができる機器です。また、筋力強化練習等にも用いられます。

極超短波治療器 [マイクロウェーブ]

照射することで温熱効果を発揮し、血液の循環がよくなります。臨床的には五十肩や腰痛症の治療等に活用されています。

3次元動作分析装置 [Vicon]

被験者に専用のマーカーを取り付け、歩行や動作を画像処理装置に取り込みます。取り込んだデータを計測し、解析します。

トレッドミル[電動歩行訓練]

脳卒中や脊髄損傷などの患者様に対し、体重を軽減した状態で歩行訓練ができる機器で、体重移動や歩行動作が習得できます。

英会話

英会話を必要とする理学療法の対象者に対応できるよう、ネイティブの講師による英会話授業を行っています。

物理療法学実習 [超音波療法]

医療機器や自然界に存在する物理的な刺激(温熱・寒冷・光線・電気・水等)を用いて、生体にもたらす様々な作 用を期待する治療法の獲得 を目指す実習です。

アクティブバランサー [重心動揺解析装置]

脳神経障がいや骨折・靱帯 損傷等のスポーツ障がいを受けた方々を対象に、身体の バランスを静的・動的バランスの両面から計測し、バランス調整能力UPを図ります。

カリキュラム

1年次は理学療法を学ぶために必要な基本的医学知識(人体構造学・生理学)を中心に、リハビリ概論を学びます。
2年次には、専門分野として、運動学や評価学などの実技中心の授業構成となり、
3・4年次には、知識として習得したものを臨床 の場で学ぶ実習により理学療法を体得していきます。
また過去のデータを基にした国家試験対策や社会人基礎力の向上 を意識した授業にも力を入れています。

1年時時間割例 MON TUE WED THU FRI
1時限目
9:40〜11:10
化学 教育学 保健体育 情報処理演習 生理学 I
2時限目
11:20〜12:50
ビジネスマナー 心理学 保健体育 人体構造学 生理学演習
12:50〜13:50 Lunch Time
3時限目
13:50〜15:20
英語 生理学 I 社会福祉概論 人体構造学実習 社会学
4時限目
15:30〜17:00
英語 7つの習慣J® リハビリテーション概論 理学療法概論 基礎理学療法学 T

「7つの習慣J®」は、フランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。

4年間のスケジュール
  1年次 2年次 3年次 4年次
4月 入学式
オリエンテーション
かすみがうらマラソン   就職セミナー
5月     地域理学療法学実習(2日) 第1期総合実習(8週間)
8月 見学実習(1日)
リハ祭
解剖学実習(3日) 小児理学療法学実習
(1泊2日)
合同就職説明会
9月       第2期総合実習(8週間)
10月     土浦市産業祭  
11月 アール祭   評価実習(4週間)  
12月       卒業試験
2月 生活支援実習(1週間)     国家試験
3月       卒業論文発表
卒業式
スマホ向け表示