作業療法学科

  1. HOME > 
  2. 学科紹介 > 
  3. 作業療法学科 > 
  4. メッセージ

在校生メッセージ

さまざまな臨床実習を通して着実にステップアップ。

作業療法学科
渡辺 秀作
茨城県立土浦工業高等学校出身

作業療法士との出会いは、就職後に趣味ではじめたバスケットボールのチームメイトと行った病院でした。リハビリを間近で見て「仕事にしたい!」と強く思い、仕事を辞め進学を決めました。アールは、即戦力になる人材育成に力を入れていることと、国家試験合格率の高さに魅力を感じ、入学しました。臨床実習は緊張しましたが、知識と技術とが結びつき勉強が楽しくなってきました。先生がフィードバックの時間をしっかり設けてくれるので次の実習にも自信を持って臨めます。校内のイベントも多く、学科同士で競い合うアール祭は毎年楽しみです。将来は、患者様の“その人らしさ”を引き出せる作業療法士になりたいです。

笑顔を絶やさない信頼される作業療法士が夢。

作業療法学科
中村 美里
栃木県立黒磯高等学校出身

幼い頃からお年寄りに遊んでもらう機会が多く、その方々がリハビリを行うことでより良い暮らしを送る手助けがしたいと思ったのが作業療法士を目指すきっかけでした。オープンキャンパスでは先生や先輩方の学習意欲の高さに惹かれ入学を決めました。一人暮らしをしているので最初は慣れない環境に不安でしたが、アールは先輩・後輩問わず本当に仲が良く、相談や質問ができるので、すぐにその不安はなくなりました。日々の授業は難しいですが、たくさんの仲間と楽しく学べるので、目標に向かって全力で進めます。将来は同僚からも信頼され、笑顔を絶やさない作業療法士を目指します。

先生からのメッセージ

対象者の生活を考え、幅広く活躍できる、
作業療法士を目指します。

作業療法学科
中村 茂美 先生

作業療法は、何らかの障がいから日常生活に不自由を生じた方を対象にしています。そのため、基礎医学の知識を土台に、特に生活を考える視点をより専門的に習得する必要があります。指導にあたっては、対象者の方にどう接するか、医療人としての態度を身につけられるよう、社会人基礎力を重視した実践的な授業を行っています。また、卒業後を意識して地域リハビリテーションに重点を置いています。病院にとどまらず、老人保健施設や訪問リハビリテーションなど、幅広い分野で活躍してくれることを望んでいます。

業界の方からのメッセージ

「バリアアリー」な環境が
生きるエネルギーを再生産します。

特定非営利活動法人 夢の湖舎 夢のみずうみ村 デイサービス
代表
藤原 茂

当施設では、日常生活同様の動作や娯楽を活かした、楽しみながら行うリハビリを実践しています。「心が動けば、体は動く」の信念のもと、利用者様の強い意思を引き出し、単に心身機能の回復のみならず、人生を輝いたものにする作業療法を行っています。実習で来る学生たちには、ぜひ作業療法の実践だけでなく、自分の人生についても多くを学んでもらいたいですね。

スマホ向け表示