介護福祉学科

  1. HOME > 
  2. 学科紹介 > 
  3. 介護福祉学科 > 
  4. メッセージ

在校生メッセージ

利用者様の笑顔を見るために
介護への意識を日々高めています。

介護福祉学科
川上 将司
茨城県立竜ヶ崎第一高等学校出身

両親が祖父母の介護をしている背中を見て育ち「もしものときは自分が両親の介護がしたい!」と思い、一度は別の仕事に就きましたが、どうしても諦めきれず進学を決めました。「医療的ケア」という授業は唯一介護職が医療的なケアを提供できる内容なので難しいですが、先生方がいろんな視点からアドバイスをくれるので心強いです。施設実習では現場スタッフの見事な連携や手際の良さにとても感動し、もっと励まなくてはと身の引き締まる良い体験ができました。介護福祉士は大変な仕事かもしれませんが、利用者様が笑顔になっていただけるとてもやりがいのある仕事だと思います。

熱心な先生方のおかげで
高い目標にも自信を持てるようになりました。

介護福祉学科
櫻井 優
茨城県立石岡商業高等学校出身

「人の役に立ちたい」という想いと、やりがいがあり誇りを持てる、これからの社会に必要とされる仕事である介護福祉士を目指そうと思いました。オープンキャンパスで設備がしっかりしていることと、歴史ある学校なのに校舎がとてもきれいで清潔なところが入学の決め手でした。勉強だけでなく「アール祭」などのイベントもあり学校全体が盛り上がるのは楽しみのひとつです。同じ目標を持ちサポートし合える仲間に恵まれ頑張れています。先生方もとにかく熱心です。熱い議論になるくらい私たち一人ひとりに真剣に向き合ってくれます。利用者様の気持ちを理解してあげられる、そんな環境を作れる介護福祉になりたいです。

先生からのメッセージ

国家試験合格を目標に、
社会人基礎力も備えた人材を育成します。

介護福祉学科
早川 美恵子 先生

アールでは、専門性の高いエキスパートとしての“介護福祉士”を養成しています。国家試験受験を見据え、昨年度の全国統一模擬試験では、多くの参加がある中、全国5位、平均点より10点以上高い結果を出しております。また、こうした知識面のみならず、挨拶や環境整備の実践にも力を入れています。クラブ活動や「手もみ」等の経験により、認知症の方々への精神的なサポートもできる「人間力」を体得できるよう指導しています。「明るく笑顔で」介護ができる人材と県内外から高い評価をいただいております。

業界の方からのメッセージ

気持ちに加え、
確かな介護技術・知識を身につけてほしい。

茨城県介護福祉士会 前会長
飯村 ゆう子

介護とは、「生きること」を支える仕事です。そして、利用者様への支援を通じ、自分の内面を磨くこともできます。ぜひ実習では、介護技術や医療知識の習得、各種制度の熟知のほかに、専門職としての「気持ち」も養ってもらえればと思います。また、常に「これでいいのか?」と振り返り、利用者目線を忘れないことも大切。利用者様の不安や迷いに寄り添える介護職を目指してください。

今年も新しいアールの学生に会えるのが楽しみです。

社会福祉法人 勘翁慈温会 つくばの杜
施設長
塚 一弥

当施設には、数多くのアール生が実習で訪れ、就職もされています。実習生にとって介護施設はお年寄りとの接し方以外に、施設マネジメントや介護行政などを広く体得できる場。事前見学をして施設内容を肌で知ると目的意識が芽生え、実習中により多くのことを吸収できます。そうした経験を生かし、長く介護現場で活躍する新しい人材に育っていただきたいですね。

スマホ向け表示