学校の特色と概要

  1. HOME > 
  2. 学校の特色と概要 > 
  3. オアシス運動・環境整備

オアシス運動・環境整備

日々の学生生活で「人間力」を磨く。

元来成長の過程で自然と身に付いてきたコミュニケーション能力に代表される「社会人基礎力」ですが、インターネットの普及や核家族化、地域コミュニティの希薄化によって、昨今減退化の傾向にあります。医療や介護の世界でも、主体性や協調性、規律性など、チームで働いていく上で必要な基礎力がたくさんあります。アールでは、日々の学生生活における様々な生活習慣への取り組みにより、現場で必要となる大きな人間性を育んでいます。

オアシス運動

挨拶と笑顔から生まれるコミュニケーション作りを目指し、アールでは校内における積極的な「あいさつ運動」を推進しています。
登校時には、各クラスより選ばれたオアシスメイト・教員一同が、元気な挨拶と笑顔で学生を迎えます。気持ちの良い挨拶でスタートした朝は、活力ある1日を生み出すだけでなく、学生の主体性を引き出しています。また、医療や介護の現場では、明るく元気に、かつ主体性を持って挨拶できることが、患者様やご利用者様とのより良い関係作りにつながっているのです。

徹底した環境整備

医療や介護の現場で必要とされる技術の1つに、患者様・ご利用者様が安心安全かつ清潔に、治療や介護が受けられる環境を整えるということがあります。
アールでは、放課後に学生自らが校内清掃を積極的に実施し、「来た時よりもきれいに」をモットーに、環境整備に努めています。日々継続して行うことで、その場から様々な気付きを得ることもでき、さらにはこうした授業以外の場面でも、率先して行うことでの主体性や協力して行うことでの協調性を育てることができるのです。

先生からのメッセージ

主体性を持ってのぞむ取り組みが、
現場で花開く瞬間が必ず来るはずです。

介護福祉学科: 介護過程ほか 担当
長谷川 みや子 先生

実際の介護の現場では、利用者のみなさんとのコミュニケーションや施設内の環境整備が非常に大切な要素となってきます。アールで継続して実施しているオアシス運動は、実習や慰問で施設を訪問した際に、自然と主体的に挨拶し、笑顔を交わす習慣へとつながっています。また、毎日徹底しておこなっている校内清掃の場でも、日々キレイにするために、道具の扱いや整理整頓の方法も工夫をすることで、発想力や「気付き」の感覚も身に付けています。お陰様で、卒業生や来校者のみなさんにも、「校舎がきれいですね」とお褒めの言葉をいただくことが多く、外部からもお墨付きの「人間力」が、アールの卒業生には備わっているのです。

在校生メッセージ

様々な場面で、自分自身に自信を
付けさせてくれる試みがここにあります。

介護福祉学科
横山 湧
茨城県立 筑波高等学校出身

高校では部活を通じてある程度の礼儀作法を学んでいましたが、アールに入学して日々オアシス運動をする中で、改めて大きな声で挨拶することの心地よさを学んだ気がします。学校では、まわりの仲間だけでなく、先生方も常に元気の良い挨拶をしてくれるので、逆にされる側の気持ちも分かるようになりました。こうしたことで、実習や施設慰問の際に、利用者のみなさんに対して笑顔も添えて、元気な挨拶とともにコミュニケートできる力がついたと思います。また、クラス全員で協力して行う清掃では、協調性や物事を工夫しながら細かく実行していく力が付き、様々な「気付き」を得て、日々成長することができています。

スマホ向け表示