医療事務学科

  1. HOME > 
  2. 学科紹介 > 
  3. 医療事務学科 > 
  4. 学びの特徴

医療・介護事務の知識・技術を習得し、
多角的に現場をとらえる中で、
連携を支える人材を目指します。

医療・介護事務とは?

病院や施設等で、患者様や利用者様の受付や会計業務、レセプト、カルテへのデータ入力などの事務作業全般から、各種管理・連絡等の細かい部分までサポートしていく仕事です。

医療事務学科の学び

豊富な実習と資格取得が就職に直結。

診療報酬請求事務能力認定試験や話題のドクターズクラークの資格取得だけでなく、医療分野の専門知識も習得し、幅広い知識を身に付けていきます。また、過去に多くの卒業生を生み出した実績から、県内の各医療機関や福祉施設に実習施設として協力いただき、現場における対応力と医療・介護事務・医療秘書の今を体得していきます。さらには、現在どの現場でも重要視されているパソコン操作の能力向上や、医療事務以外の分野やコミュニケーション能力を習得することにより、卒業後に即戦力となる人材を目指します。

アールならではの学びPoint1
注目の「ドクターズクラーク」にも、
いち早く対応!

これまでドクターが行っていた診断書や処方せん等の文書作成や検査の予約を、ドクターに代わって行うのがドクターズクラーク。医療現場の質の向上に貢献する注目のこの資格に対応のカリキュラムをいち早く取り入れています。

アールならではの学びPoint2
現場のリアルな空気感を学ぶ
豊富な病院実習を実施!

長い歴史で培った各病院との太いパイプにより、多くの病院に学生の実習施設として協力していただいています。2年間で2回実施される病院実習で、学生は様々な医療事務を経験し、入職時に必要なスキルを身に付け就職に役立てています。

アールならではの学びPoint3
就職を有利にする
幅広い分野の学習と資格取得!

医療事務に必要な専門知識のみならず、現場でのコミュニケーション能力やパソコンの知識など、社会人としての基礎力を向上するためのカリキュラムも導入。医療事務以外の資格も取得することで、就職をモノにする実力も身に付けます。

取得可能な免許・資格

  • 文部科学大臣認定称号 専門士
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)
  • 医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)
  • ケアクラーク技能認定試験
  • 調剤報酬請求事務技能検定
  • 医事オペレータ技能認定試験
  • 秘書技能検定 準1級
  • ビジネス文書検定
  • Microsoft Office Specialist(Word・Excel)

就職率(2018年度実績)

主な就職先

旭台病院/石岡第一病院/石岡セントラル薬局/植松整形外科耳鼻咽喉科医院/牛尾病院/牛久愛和総合病院/大洗海岸病院/大久保病院/霞ヶ浦医療センター/小沢眼科内科病院/笠井整形外科/きし整形外科/結束耳鼻咽喉科医院/山王病院/山王台病院/庄司産婦人科/高田眼科/高須病院/つくばセントラル病院/筑波病院/友部整形外科/鳥越クリニック/野田病院/鉾田病院/松永医院/桧山医院/宮本内科クリニック/守谷慶友病院 など(五十音順)

TOPICS

医療事務員に求められる
気持ちに寄り添う精神を地域の輪の中で体得していきます。


医療事務の仕事は病院やクリニックの受付にて医療機関と患者様、そのご家族をつなぐ大切な仕事です。また、医療の提供をすることで、地域に貢献する仕事でもあります。

もちろん現場では、患者様への応対時に必要なコミュニケーション能力やミスなく丁寧、かつ的確に業務を遂行する能力、スケジュール管理能力など、あらゆる力が求められます。

アールでは、様々な地域のボランティアに参加する中で、数々の経験を得ることでそれらの力を養っています。当学科では、毎年「かすみがうらマラソン」内のブースにて、子供たちやそのご家族が楽しめるスペースを担当し、相手の気持ちに寄り添って対応する力を習得しています。

スマホ向け表示