医療秘書学科

  1. HOME > 
  2. 学科紹介 > 
  3. 医療秘書学科 > 
  4. メッセージ

在校生メッセージ

病院での現場経験が豊富な先生から、
優しく熱心に指導してもらえる環境です。

奥村 真依
茨城県立石岡商業高等学校出身

子どもの頃から医療関係の仕事に憧れていました。アールに決めたのはオープンキャンパスに参加したとき、学生と先生の距離感がとても近いと感じたからです。授業では、教科書には載っていない現場で役立つ活きた学びを現場を経験している先生からたくさん教えてもらえます。また、同じ目標に向かっている仲間達と一緒に頑張りながら過ごす毎日はとても楽しいです。空き時間や休日もお互いのわからない部分などを教え合っています。少人数の学校だからこその一体感や楽しいイベントが多いのもこの学校の魅力。常に向上心を持ち、笑顔を忘れないで一人ひとりの心に寄り添える医療秘書を目指します。

先生からのメッセージ

常に相手の気持ちを考えられるかが大切。

医療秘書学科 担当教員
杉山 実千代 先生

医療事務・医療秘書の仕事をするうえで重要なことは、常に相手の気持ちになって考えられるかということです。専門的な知識・技術を身に付けるのは当然として、その上でいかに相手のためにそれを役立て、活かすことができるかが大切です。どんな場面でも相手に対しての思いやりの気持ちをしっかりと持ち、日々お互い成長していきたいと思います。

スマホ向け表示